« まだ画像処理中 | トップページ | 中国出張 »

2014年8月 6日 (水曜日)

星ナビ9月号

SH2-129で星ナビ9月号に掲載されました。一般の部での投稿では初めてです。コメント読みかえすとなんか日本語が変です恥ずかしい~。でも、うれしいです。みなさまいろいろご指導いただきありがとうございます。

0807


« まだ画像処理中 | トップページ | 中国出張 »

ATIK383L+」カテゴリの記事

天文」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

星ナビ掲載おめでとうございます。
画像処理で試行錯誤された成果がでましたね。
これが赤城山で撮られたことは、ここを利用している自分にとっても励みになります。
更なる活躍を期待いしています。

冷却CCD初心者の質問です。
フラットはどんな方法で撮影されているのでしょうか?
各フィルタ-ごとに撮影するんですよね?
何せ超初心者ですのでアドバイス頂けたら幸いです。

demioさん、コメントありがとうございます。
赤城で撮影した自身では始めての入選です。うれしいです。

以下、フラット撮影についてです。
厳密にいうとLRGBすべてを撮影した方が良いそうですが、
自分のテストではあまり効果が確認できなかったので、
Lのフラットのみを撮影して使いまわしております。

撮影についてです。
1)秋月で購入したELパネルと自作調光機で撮影します。
http://tarobu.cocolog-nifty.com/blog/2009/08/el-97a3.html

2)露出時間は1秒前後、MaxDLのカウントが30000前後になるように
EL板の光を調整します。冷却温度は0度にしています。

3)この条件で100枚撮影してダークも32枚撮影します。
これをコンポジットしてフラットフレームにしています。

正しい方法かは不明ですが、自分のいつもやっている方法です。

大切なことわすれてました。
ELパネルと筒先の間に第二原紙(トレッシングペーパ)を10枚はさんでます。

あと冷却温度はなるべく低い方がよいと自分は思います。
(おおちゃくして0度に設定しております。)

早速の回答ありがとうございます。
100枚も撮像するんですね。
たしかに枚数を多くすれば良いと聞いたことがありますが・・・
ELパネルの減光もポイントみたいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/181201/57010880

この記事へのトラックバック一覧です: 星ナビ9月号:

« まだ画像処理中 | トップページ | 中国出張 »