« 2/09 赤城山 | トップページ | マルカリアンの鎖その後 »

2013年2月14日 (木曜日)

ATIK383L+その後。。つづき4

AKONの電源(AK30W-SD)を購入しました。
入力:DC12V(10-18V)、出力12V(2.5A)になります。

20130214_175642

テストするとバッテリの電圧が11Vに落ちても13Vの出力ができました。(出力電圧は微調整できます。)入力側の電流は2.6A程でした。2/9の撮影から使用しました。撮影開始と5時間後のL画像を比較すると↓こんな感じです。気になるレベルのノイズ差はありませんでした。

20130214_2

 
ちなみに1月の撮影でのL画像比較は↓こんな感じです。すごいノイズ差です。

20130214_1

各機材の電流値も測定しておきました。
 
 ・ヒーター1: 約1.9A
 ・ノートPC(東芝K16): 約3A
 ・ヒーター2: 約0.8A
 ・ATIK383L+と12V電源: 約2.6A
 
ノートPCとカメラは同一電源にするとノイズを拾う可能性があるので、105Ahrバッテリにカメラに接続すると、一方20AhrバッテリではノートPCを終夜動かせない計算になります。。2/9撮影ではノートPCの電源を自動車から取りました。もうワンサイズ大きなバッテリが必要になりそうです。
 

« 2/09 赤城山 | トップページ | マルカリアンの鎖その後 »

ATIK383L+」カテゴリの記事

天文」カテゴリの記事

家で」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/181201/49406876

この記事へのトラックバック一覧です: ATIK383L+その後。。つづき4:

« 2/09 赤城山 | トップページ | マルカリアンの鎖その後 »