« Orion LVW 輸出仕様 アイピース | トップページ | 出張 »

2006年12月14日 (木曜日)

アイピース テスト

6インチF8屈折望遠鏡観望 、自作経緯台
場所 :自宅前
月日 :12/12 22:30-24:00

F8屈折望遠鏡で、Orion Stratus 13mm のテストをしました。

良い点は、
・バックグランドが非常に暗い。(HcOr 12mmより優れている。)
・周辺、中心像がシャープ。(HcOr 12mmよりは少し劣る。)
・青ハロが少ない。(HcOr 12mmと同等、PL 9mmより優れている。)
・広角。x3バロー(277倍)でも追尾簡単。

悪い点は、
・重い。(PLと比較すると望遠鏡を前にずらさないとバランスが取れない。)
・ブラックアウトが発生する。(目の位置にシビア。慣れるとマシになる。)
・視野環がメガネをゴム口に当てないと見えない。(アイリーフが本当に20mmあるのか疑問。)

気になった点
・土星をHcOr 12mmと見比べると、環の広がりが少し浅い様な気がします。理由は分かりませんでした。

総合評価
惑星観望にも十分に耐えるシャープさ、バックグランドの暗さ、広角。アイピースの必要とされる物の殆どが平均点以上にあると思います。特にバックグランドの暗さには驚かされました。自分の所有するアイピースでは最高のアイピースになりました。近々ドブで試してみたいと思います。

« Orion LVW 輸出仕様 アイピース | トップページ | 出張 »

天文」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Orion LVW 輸出仕様 アイピース | トップページ | 出張 »